さあ次へと

 この明かりに照らし出される中で繰り広げられるデタラメの数々。思い出すだけで楽しめるなあ。まだまだぽけぇとその思い出に浸って呆けていたいのだが、ありがたいことにまた新しい始まり。引き続き皿(皿袋誠路)さんの明かりに照らし出される『夢をみせてよ』へと。しっかりとやって参らねば。
コメント:0

続きを読むread more