楽園とは

 油断してましたわ。  稽古初日だから顔合わせを兼ねた飲み会だけだと。そしたら台本があった。そもそも「楽園」とは何なんだと。そんな話をみんなでして、「まあ稽古は明日からするので今夜は飲みましょう」てなことになったんだけど。 (撮影 鈴村貴彦)
トラックバック:0

続きを読むread more

ザ モルモッツ

 ワタクシがボーカルとして歌っているザ モルモッツ。そのモルモッツがトップバッターだった「ラフレシア一座」。トップバッターなのだから賑やかさなければならないのに、ちょっと大事にいきすぎたかな。気持ちだけは伝わったと言われたのだが・・・  実験動物達の集まり。こうして時々音楽の実験をしている。
トラックバック:0

続きを読むread more

魔法が解ける

 劇によって魔法をかける。そういう劇だったのだが、翻ってワタクシたちが日常と云うか、世間一般と云う魔法にかかってるのではないか。  そんな訳の解らないことを―このところずっと飲んでたのに、やっぱり一段落ついても飲んでいて―朧げに考えている。
トラックバック:0

続きを読むread more

いざ出陣なのぢゃ

 稽古を始めたのが1月19日だったろうか。以来ああでもない、こうでもないと試行錯誤の迷走を繰り返した菊池寛『父帰る』。本番当日も午前中のリハーサル後に一旦稽古場に戻り、通し稽古を。約15分の作品ということもあるが、それにしてもこれまで何回通し稽古をしただろうか。その度にちょっとずつ変わっていって、それがおもしろかった。そういう稽古を…
トラックバック:0

続きを読むread more

喝!

 いつものお決まり、万歳一座創設メンバーの海老原正人さんに活を入れに来ていただいたこともあり、無事に『ジャングル』の全公演を終えることができました。どうもありがとうございました。  東京公演はお正月すぐだったこともあり、年が明けてからそのまま突っ走ってきた感じがするなあと、今日は1人ポケ~としている。言うなればワタクシにとって…
トラックバック:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

 どうぞ今年もよろしくお願いいたします。  正月5日から東京移動。お屠蘇気分が抜けないまま東京公演に突入してしまうんじゃなかろうかと内心不安だったのだが、さにあらず、順調に仕込みも終えて本日は東京初日!今年最初の舞台、お客様に楽しんでもらえる良いものになりますように。
トラックバック:0

続きを読むread more

黒木さんもこの1年ありがとうございました

 よいお年を。  そんなこと言ってもまた数日後、いや、下手したら数時間後には会うぢゃないか。そう思ってた。でも違うんだな。来る新しい年1年が良い1年になりますように。そう思って挨拶するんだなと40になって気付いた、そんな1年でありました、トホホ。  それでは皆さん、この1年ありがとうございました。そして良いお年を。
トラックバック:0

続きを読むread more

うだつの上がらない男は

 おかげさまで無事に高知公演が終わり、雪で遅れてる大阪へ帰るバスはもうすぐうだつの町・脇町だろうか。イヤホンで聴いているラジオで今日は冬至だと知る。そんなことなら柚子が格好のお土産だったではないかとすごく損した気分に陥っている。
トラックバック:0

続きを読むread more

さあ、行くぜ

 ♪ホワィ~なぜに~と河野が鏡前で流す永ちゃんの歌。自然とテンションがあがるぢゃないの。さあ、『ジャングル』高知千秋楽。
トラックバック:0

続きを読むread more

なんてことを高知公演初日前日だというのに夜遅くに書いてる

 結局荷造りは出発の朝になってしまうんだ。なんとか荷物を詰め込んで高知へと。雪の影響が心配されたが10分ぐらいの遅れで無事に到着。そしたら美味しいお魚とお酒が待ってますわ。そして火がつき結局ワタクシの部屋で木村と松浦と今回で2回目の共演となる駒野侃さんと遅くまで飲んでもうたやないの。
トラックバック:0

続きを読むread more

まあ、忘年会ということで・・・

 おかげさまで無事に大阪公演も終わり、翌日に舞台の撤収、いわゆるバラシがあるにも拘わらず結構遅くまで飲んで、よくお互いが間違われる坂口修一さんと2ショットでさらにご機嫌さん。  思えばその夜からだわ、もうね、アカンたれな飲みを夜な夜な続けているのは。
トラックバック:0

続きを読むread more

初日の準備

 お好み名人。河野にこんな特技があっただなんて。ふわふわに焼き上がるのだ。美味しい、美味しいとついつい飲んじゃったな、初日飲み会の会場下見だったのに。  そんなこんなで終演後の飲み会の準備まで万端に整っちゃった。
トラックバック:0

続きを読むread more

怒涛の小倉

 フェリーの時間に間に合わせろと必死のパッチでトラックに稽古場の荷物を積み込んで翌朝には小倉に無事着いてそのまま仕込み作業に突入。初演の『ジャングル』は仕込みに時間がかかったので、とにかくスムーズに事が運ぶようにとただそれだけを考えてたら小倉1日目は終わってしまって。  2日目には翌日が2回公演だというので最終リハーサルのゲネプロ…
トラックバック:0

続きを読むread more

一気に季節が進んだ夜

 稽古場では本番当日にお渡しするパンフレットの写真撮影。そうなるとまだまだ先に思えた公演が現実味を帯びてきて、どこかのんびりした空気が漂ってた稽古もぐっと引き締まったものになってくる。
トラックバック:0

続きを読むread more

不思議だったわ

 初日のメインはお決まりの顔合わせ飲み会。飲みの席でコッキーこと空晴の小池裕之さんとこの状況が不思議だという話になった。そのときワタクシはピンと来ず、「不思議かなあ」と素っ気なく返したが、今帰って冷静に考えると確かに不思議だ。劇団員だけに限っても稽古が無いとほとんど顔を合わせないので稽古初日は何となく余所余所しい。加えて当然の如く居てる…
トラックバック:0

続きを読むread more

飲み過ぎや

 やっとというか、もうというのか、いよいよ『ジャングル』の稽古が始まる。まあ、その間よく飲みましたわ。それを飲み稽古と言っていいのなら結構な稽古を積んだんじゃなかろうか。全くもって自慢にはならないが。  しかしそれが祟ったのか、稽古開始の前日というので意味もなく緊張しているのか、どうも今夜は飲む気にならず久々のノンアルコールナ…
トラックバック:0

続きを読むread more

打ち上がりすぎやで

 お酒を飲んでそのまま爆睡してしまうのを「気絶する」というらしいが、その「気絶」癖がついている。厳密に言うと、どこでも眠たくなればそこが寝床とばかりに寝込んでしまう「どこでもスリープ」癖が、飲酒によってグレードアップすると言うのか、まあ『使用人』の打ち上げでもえらい酔っぱらってえらいところで「気絶」してたらしい。  なんでそん…
トラックバック:0

続きを読むread more

初日なのだわ

 なし崩し的にというのじゃないのだが、気がついたら『使用人』の初日があけてた。そんな感じなのだ。  ということは、日曜日の東京千秋楽、いやいや、大阪の大千秋楽までももうあっという間なんだろうな。それに抗うというと大仰な感じもするが、まずは2日目の公演に臨みたい。
トラックバック:0

続きを読むread more