サウナの後の1杯。そんな爽やかなもんでなく。

 おかげさまで無事に公演を終えることができました。ありがとうございました。  まあよく呑みましたわ、いつもながらですが。とにかく本番中は尋常じゃない汗の量で、楽屋に帰ってきたら搾れるんですTシャツが。搾りたての汗が軽くコップ1杯はありましたかね。それで喉も渇いたしと終演後に生ビールザブザブとやりゃあ、次の日もまたビショビショ、まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大千穐楽

 5月1日に稽古を始めて1月半、あっという間と言えばあっという間だし、長かったといえば長い濃厚な時間だった。稽古開始から変わったかと言えば変わったが、それは劇的な変化ではなく、ちょっとずつ、ちょっとずつ変わっていくようなもの。そうだからこそ、熱い想いを持ちながらも淡々とした心持ちが大切なのかもしれない。  大千穐楽とはいえ、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そーわ

 弱虫の自分が尻込みしてるのか  ソワソワしてる  内実ワクワクしてるのは疑いようもなく  節目でも何でもなくただ月が変わるだけだと嘯いても  これはそわそわでしょ  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉のたのしみ

 小倉公演にはいつも観にいらっしゃって、似顔絵付きのアンケートまで描いてくださる元劇団員の原謙二郎さん。今回のアンケートはコッキー(小池裕之さん)とのツーショットとうれしい限り。しかもわざわざ、ファックスで送っていただいて。また描いていただけるよう精進します、先輩!  おかげさまで『隠れ家』全公演を無事終えることができました。どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お昼寝ね

 大体公演の片付けのあとは差し入れでいただいたお酒があることだしと、稽古場で一杯ひっかけるのが常だが、昨日は本能の睡眠欲がはるかに上回って、稽古場のお酒には手をつけず帰宅。お風呂でも入りゃあ、飲む気にもなるかと思ったがお酒よりご飯を食べて余計に眠気に襲われてバタンキューだった。たっぷりと寝てすっきりしたにもかかわらず、これを書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日の幕開け

 『隠れ家』東京初日が開けた。舞台のサイズが変わったのもあって大阪公演とは違う感じ方をする瞬間が多々ある。ちゃんと対応して楽しんでいかなきゃ。そんなことを考えながら、下北沢からも富士山が見えないものかと、不審者と間違えられないかヒヤヒヤしながらビルの上の方に登る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましたね

 新しい年がきた。いつものように年末年始はバタバタで七草粥のこの頃になってやっと落ち着く。ありがたいことに3月のコズミックシアターの今年の初稽古が本日から。  あれがしたい、これがしたいという欲が具体的に無いのがいけないんだろうけど、無いものは無いのだから仕方ない。けれども、面白いことをしたいという、やらしさだけはあるという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんな1年でしたか?

 やっぱりあっという間に過ぎた1年だったが、いろいろあったな。いつもながらのバタバタな年の瀬でゆっくりと振り返ることもできなかったが、泣いても笑ってももう今年も終わり。  来るべき年はファイターズに負けじと日本一を目指そうと思とります。  みなさまもよいお年をお迎えください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリークリスマス

 いまいあきさんにお願いしていた素敵なクリスマスカードが届いた。  たとえ、今はそうでなくても、いつかはmerryと言える日が来ますように。そんな意味もmerryに込めることができたらいいのに。そんな事を思い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エライこっちゃでっせ

 駅を出るといつも通天閣に迎えてもらってた。そんな日々も終わり、ひと息ついてはいるものの、もう年の瀬のバタバタとした日々の気配が迫ってる。  それにしてもあっという間に終わってしまった『隠れ家』大阪公演。楽しんでいただけたでしょうか?どうもありがとうございました。年明け、まずは東京。気持ちは勿論のこと、本当に締めるところちゃんと締…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒涛の日々

 ほんの10日前のこと、万歳一座創設メンバーで、いつも活を入れていただいている森健司さんが本番に向けて大詰めの頃の稽古場にいらっしゃったのは。それからもだったし、それ以前の10日くらいも怒涛の日々だった。まあ、ここで言う怒涛の日々というのは、睡眠時間が少なかった日々と言い換えられるくらいのかわいいもんだが、山下達郎は1日8時間も寝て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝読み直しても何も面白くないだろうけど

 最近の好きなフレーズとして「どうせ皆さんは僕が酔っぱらってる思ってるでしょ?」というのがある。「ええ、酔っぱらってますけど、何か?」そのあとにこれを続けるのが好きなだけかもしれないが。  しかして、「誰も同情してくれないのかよ」と珍しく弱音を吐かれて、「みんなと世間話して飲みたいよ」と言われちゃあ、酔ってしまいそう。たとえ酔えなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうなりゃ神頼みよ

 空晴のブログと万歳一座のfacebookで合同公演『隠れ家』に向けての合同日記が始まった。早速、ワタクシにも順番が回ってきたが、どんなことを書こうか悩んでしまう。その末に出した答えは酔っぱらったままを書こうじゃないかという事。それで言い訳にもなるんじゃないかと。  しかしてやはり、酔っても面白い文章なんてのは書ける筈もないのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無類の自分好き

 鏡があればずっと自分の顔を見てることができる。決して男前ではないのに、「あ、ええ顔してるやないの、今」なんて思いながら見てしまうんですわ、お恥ずかしながら。ですが、やっぱりいざ写真を撮ってもらうとなると変な緊張が走りますな。  そんなぎこちない感じが写ってるんじゃないでしょか、杉浦正和さん撮影のプロフィール写真は近々万歳一座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲む前に読む

 なんとも長い一月だった。月始めの自分の誕生日が随分前の気がする。そう感じるからだろうか、日射しも毎年恒例海の日前のリレーマラソンの時よりは柔らかくなってきたんじゃないだろかと思える月末。依然として気温はへたばるくらい高いのだけれども。  このへたばりそうになる季節になって唯一喜ばしいのはビールなのである。滅茶苦茶旨い。思わず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時すでに遅しではないが、大概活入れは大千龝楽前夜なのである

 おかげさまで無事に『秘密探偵』全公演を終えることができました。  楽しんでいただけたでしょうか。冷静に冷静にと思いつつ、やりはじめるとついつい夢中になってしまって、なかなか観てもらっているみなさんの反応を感じる余裕もなくいつも終わってしまいます。活を入れられるのは新入劇団員のありたつこと有田達哉でなくワタクシかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご婦人方とすればいいのについついおばちゃん達と言ってしまう。自分もおっさんなのに。

 公園の中の方の桜を撮ろうとしてたら、その下でお花見をしていたおばちゃん達がうれしそうに「桜を撮るふりしてワタシらを撮ってる~」なんて言うもんだから、おかしくて。でも、うまい返しもできず、微笑み返すくらいしかできずに外側で咲いてる桜を撮り直す。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡野さん、いや釈尼音香様

 油断してた、大丈夫だろうと。でも大丈夫じゃなかった。本人が知らせないでと言うから、油断してる者に大丈夫じゃない状態は届くはずもなく、お別れになってからその知らせが届く。つらい思いが一気に打ち寄せる。しょうがない。油断してたんだから。油断というか、思い馳せることをしてなかったんだ。もう少しあなたへ思いを馳せることができてたなら、お見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲイジュツとは

 そんな話しをしてて、それは「じゅよう」と「ひょうしょう」だとなった。需要?表彰?となったがどうやら受容と表象らしい。それでもわかりにくいが、「受容」。いい言葉だね。うけていれこむ。これは、ある意味「許し」・・・  ここまで書いてた、昨夜。稽古場で『二十世紀の退屈男』の稽古後いつものように飲んでた。いつもとちがうのは出演者としてじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喝!じゃなかったの?

 東京公演恒例、創設メンバーによる活入れも今回はグゥッーになっとる。良かったよと言うよりか、ただ酔いがまわってるだけだとも思われるが、それにしても楽しかったな、この公演は。まだまだなんだけど。  その疲れがどっと出たのか、大阪に帰ってきた夜は久々に熱が出たと思う。折角だから体温を測ろうと体温計を探し出したのはよかったが、電池がなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more