毎日乗ってたのになあと眺めてたからだろうか

 名鉄のパノラマカーのような形ながら1両編成の路面電車みたいなのが真横を通る鉄橋を全裸で匍匐前進。後ろからも、そして前にも同じように匍匐前進している輩がうじゃうじゃいるが、全裸なのは私一人。なので当然後ろから「見えてるよ、見えてる!金玉が!!」と声がかかるも、何だか皆で和気藹々と匍匐前進で鉄橋を渡ってた。
コメント:0

続きを読むread more

でもそれがいいことかもしれない

 時間に追われるが故に引き起こされた大惨事。それを目の当たりにしながらも気づけばあっという間に15年。そんなことを考えてたら、ひょんなことから40年ほど前の写真をfacebook上に晒し、たくさんの人にも1日だけながらお付き合いいただく羽目に。流石に40年という月日は隔世を実感できるが、あっという間の15年なら果たして還暦になったときに…
コメント:0

続きを読むread more

一抹の期待

 いつもお知らせをお送りしている皆さんにも『ラブレター』延期のハガキが届いた頃じゃないだろうか。残念なことだけれども、今は仕方がないと諦めるしかない。むしろ、この騒ぎが落ち着いたときには何かしら世の中も変わってるんじゃないかと、密かに期待をしている。まだまだそうなるには時間がかかると覚悟してじっと我慢してなくちゃいけなさそうだけど。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

シンシア、どうしたらええのよ

 シンシアに因んだ『夢をみせてよ』を何とかやり終えたのが、3月の初め。千穐楽までやれるかどうかと一喜一憂してたあの頃が―といっても、ほんの一月前なのだが―なんと牧歌的だったのかと思えるくらいの状況になってしまった。 その間にこのところの騒ぎの中で何とか迎えた9年目の3.11、そして3.14のシンシアの命日。さらに状況の悪くなった中でのボ…
コメント:0

続きを読むread more

さあ次へと

 この明かりに照らし出される中で繰り広げられるデタラメの数々。思い出すだけで楽しめるなあ。まだまだぽけぇとその思い出に浸って呆けていたいのだが、ありがたいことにまた新しい始まり。引き続き皿(皿袋誠路)さんの明かりに照らし出される『夢をみせてよ』へと。しっかりとやって参らねば。
コメント:0

続きを読むread more

デタラメロウな思い出

 恒例の創設メンバー(写真左より、森健司さん、河野洋一郎、海老原正人さん)による活入れのおかげもあり、『デタラメカニズム』全公演を終えることができました。どうもありがとうございました。 やってるこちらが楽しんでたようなもんで、ほんとに愛しいデタラメな劇だったが、流石に1日2ステージの連チャンで大千穐楽などは2ステージやった後に撤収作業の…
コメント:0

続きを読むread more

facebook用の動画撮影だそうな

 気分はまだお正月だからだろうか、なかなか稽古という気持ちにもなれず、まずは走り始めたのだが、不思議なもんで渋々走り始めたのが体を動かしているうちに体も軽くなって、気持ちも乗ってくる。単純と言っちゃ単純なんだが、重要なことだと改めて気付かされた稽古始めだった。
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。  今年は新年早々にラジオの生放送と収録でした。写真(左より、荒谷清水、鴨すずめ、中道裕子さん、ワタクシ)は飲みながらの収録風景。シンボリルドルフに因んだ七冠馬というお酒にあやかって、タイトルではないですが、しっかりと仕事をしていこうと思とります。 まずは『デタラメカニズム』が東京下北沢で間もな…
コメント:0

続きを読むread more

見る?聴く?

 年末恒例となりつつあるカラボラのイベント。今年は4つの短編の中、自身としてはボラ☆ボラの本公演に繋がる作品のリーディング。言うなれば公演への途中経過をお見せしたようなもの。観ていただいて公演への期待を膨らませてもらえたかしら。リーディングというのは観るというよりは聴いてもらうことでイメージを広げることを楽しんでもらえるようになって…
コメント:0

続きを読むread more

一気に年の瀬感が

 おかげさまで『デタラメカニズム』大阪公演も無事に終えることができました。ありがとうございました。 北九州公演からそのまま大阪公演に突入したこともあるが、劇場でのバラシも終え、稽古場で片付けた後にしっかりと打ち上がった帰り道にはこの提灯が。いつもそうなのだが、公演前の稽古が約1ヶ月、そうして公演を終えると、確実に季節が変わってる。それで…
コメント:0

続きを読むread more

今日も今日とて通天閣

 そんなことを思いながら一心寺の最寄り駅の1つ、恵美須町の出口から通天閣を見上げる。小倉公演からそのまま大阪公演に突入し、大阪でも残すところ2ステージになった『デタラメカニズム』、言い換えれば年内残すところ2ステージ。そう考えるともう見上げるのもあと僅かか。しっかりとデタラメを。
コメント:0

続きを読むread more

下手くそなのに心だけ踊り出してる

 いよいよ始まりました。こちらの阪上洋光さんをはじめとする、いちびり一家のみなさんと和田亞弓さんとでつくりあげる『デタラメカニズム』の稽古が。いちびり一家といえば歌とダンスですねん。歌も歌ですが、ダンスがもう酷いんですワタクシ。昨日のダンスの稽古映像を見ていただきたいもんです。ほんでもね、踊りまくりますからね。
コメント:0

続きを読むread more

どっちかが坂口修一さん

 おかげさまで『満月』の公演を無事に終えることができ、大阪に戻ってきてます。ありがとうございました。 あっという間の2週間だった。豊岡の地元の方々と1つの劇を作り上げる。人数の制約などもあって大分元の台本をカットしたものの、1時間半弱の劇を2週間で仕上げるだなんて可能なんだろうか。そんな不安も何のその。やっててとても刺激的で、何より自分…
コメント:0

続きを読むread more

何にも無いんだけど

 なんか良いことある気がしてた。7月は誕生月だからと、ただそれだけで。しかし、あっという間に過ぎて7月どころか8月の末である。45歳にもなるんだから、もうちょっと現実的というか、こんなにのんびり構えずにしっかりせねばならない。27歳の時は、誕生日の7月2日を逆にしたこの数字の年が良いことが起こらないはずがない1年になると思い込んでた。そ…
コメント:0

続きを読むread more

サウナの後の1杯。そんな爽やかなもんでなく。

 おかげさまで無事に公演を終えることができました。ありがとうございました。  まあよく呑みましたわ、いつもながらですが。とにかく本番中は尋常じゃない汗の量で、楽屋に帰ってきたら搾れるんですTシャツが。搾りたての汗が軽くコップ1杯はありましたかね。それで喉も渇いたしと終演後に生ビールザブザブとやりゃあ、次の日もまたビショビショ、まる…
トラックバック:0

続きを読むread more

大千穐楽

 5月1日に稽古を始めて1月半、あっという間と言えばあっという間だし、長かったといえば長い濃厚な時間だった。稽古開始から変わったかと言えば変わったが、それは劇的な変化ではなく、ちょっとずつ、ちょっとずつ変わっていくようなもの。そうだからこそ、熱い想いを持ちながらも淡々とした心持ちが大切なのかもしれない。  大千穐楽とはいえ、た…
トラックバック:0

続きを読むread more

そーわ

 弱虫の自分が尻込みしてるのか  ソワソワしてる  内実ワクワクしてるのは疑いようもなく  節目でも何でもなくただ月が変わるだけだと嘯いても  これはそわそわでしょ  
トラックバック:0

続きを読むread more

小倉のたのしみ

 小倉公演にはいつも観にいらっしゃって、似顔絵付きのアンケートまで描いてくださる元劇団員の原謙二郎さん。今回のアンケートはコッキー(小池裕之さん)とのツーショットとうれしい限り。しかもわざわざ、ファックスで送っていただいて。また描いていただけるよう精進します、先輩!  おかげさまで『隠れ家』全公演を無事終えることができました。どう…
トラックバック:0

続きを読むread more

お昼寝ね

 大体公演の片付けのあとは差し入れでいただいたお酒があることだしと、稽古場で一杯ひっかけるのが常だが、昨日は本能の睡眠欲がはるかに上回って、稽古場のお酒には手をつけず帰宅。お風呂でも入りゃあ、飲む気にもなるかと思ったがお酒よりご飯を食べて余計に眠気に襲われてバタンキューだった。たっぷりと寝てすっきりしたにもかかわらず、これを書い…
トラックバック:0

続きを読むread more